ご案内アイコン ご案内

電話番号
電車

目黒駅より徒歩8分

バス

東急バス「大鳥神社前」
バス停1分

 お知らせ 

エンブレム

お知らせ
お知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査・抗体検査、健康証明書について (当院は、「帰国者・接触者外来と同様の機能を有する医療機関」です。東京都目黒区で新型コロナウイルスのPCR(鼻咽頭ぬぐい液採取、唾液採取)を受けていただける医療機関の1つです。)

現在、新型コロナウイルスに感染しているかどうかの確認検査
 保険PCR検査(鼻咽頭ぬぐい液、唾液):検査費用は無料 要予約(WEBもしくは電話)(原則、当日行います。)
 自費PCR検査(唾液採取)(簡易検査)診察なし:23,000円(税抜)、25,300円(税込) 要予約(電話・WEB)(当日予約可)
 自費PCR検査(唾液採取)(簡易検査)診察あり:25,000円(税抜)、27,500円(税込) 要予約(電話・WEB)(当日予約可)
 自費PCR検査(鼻咽頭ぬぐい液採取) 診察あり:27,000円(税抜)、29,700円(税込) 要予約(電話・WEB)(当日予約可)
 PCR検査結果を含む診断書(日本語):3,000円(税抜)、3,300円(税込) 当院所定様式の場合
 PCR検査結果を含む診断書(英 語):5,000円(税抜)、5,500円(税抜) 当院所定様式の場合
 PCR検査結果を含む診断書(日本語・英語):10,000円/枚(税込み) 決まった様式のある場合
 診断書の郵送をご希望の場合:1,000円(税込み) 
過去に新型コロナウイルスに感染していたかどうか
 自費抗体検査(血液)(自費):6,600円(税込み)  予約不要
 (感度100%、特異度99.8%の6月時点でデータ公表されている中で最も精度の高い方法を選択しております。)
*7月1日価格改定:緊急事態宣言解除後の経済活動活性化に貢献できればと願い、診断書発行手数料などを抑え、消費税も当院で負担するなどしておりますが、今後、価格改定により、PCRや診断書発行手数料価格が上下する可能性がございますこと、ご了承ください。
*10月11日価格改定:日本語・英文診断書発行手数料の価格を改定しました。
*10月23日価格改定:PCRの価格を改定しました。

当院は、4月より東京都と相談し、5月に「帰国者・接触者外来と同様の機能を有する医療機関」と都内で初めてPCR検査を委託されたクリニックの1つです。東京都の指定医療機関の1つであり、正規のPCR検査を受けていただけます。
(PCRは、平日夜や土日を含めて、当日の対応が可能です。当院の割り当て数に限りがあり、要電話予約とさせていただきます。)

PCR陰性の診断書(健康証明書)(自費)
COVID-19感染症状がないこと、および、PCR陰性であることを記載した診断書(健康証明書)の発行が可能です。
・パスポート番号の記載が必要な場合、パスポートのコピーをご持参ください。診断書作成のため、スキャンデータを保存させていただきます。
・PCR陰性の診断書(健康証明書)準備までの日数(下記、不具合のない限りの日程です。)
・水・木・金・土曜日の午前中の採取の場合、最短で翌日中に準備可能と思われます。
・水・木・金の午後の採取の場合、最短で翌々日中に準備可能と思われます。
・土曜日12時以後、日曜日、月曜日午前中の採取の場合、最短で水曜日中に準備可能と思われます。
・月曜日午後の採取の場合、最短で木曜日中に準備可能と思われます。
*診断書は、PCR採取申し込み時に同時申し込みのみとさせていただきます。陽性の場合、陽性の旨を記載したものとなります。

A)
PCR検査が保険適用となる場合
保険診療によるPCR検査は、下記の場合に、医師が必要性を判断して行います。
「新型コロナウイルス感染が疑われる症状のある場合」
      (微熱、発熱、だるさ(倦怠感)、咳(せき)、下痢・吐気などの感染症状)
         鼻咽頭ぬぐい液は期間の制限なし
唾液採取(簡易検査)は発症日から9日以内まで
「濃厚接触者」
(症状の有無にかかわらず、新型コロナ感染と診断された方と濃厚接触して2週間以内の方)
   鼻咽頭ぬぐい液のみ  (唾液採取は適用外)
当院では、6月3日より、唾液採取も対応しておりますが、唾液採取は鼻咽頭ぬぐい液よりも感度(精度)が低下することが知られており、うがいや飲水・食事により、さらに感度(精度)が低下することが知られています。このため、鼻咽頭ぬぐい液採取が可能な場合は、保険診療においては、原則として、鼻咽頭ぬぐい液採取を行っております。
なお、厚生労働省より、「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」(https://www.mhlw.go.jp/content/000628620.pdf)が案内されていますので、ご参照ください。(当院は、「帰国者・接触者外来と同様の機能を有する医療機関」です。)

費用の目安:
PCR検査費用の自己負担分(保険により、1割~3割)は、東京都が負担することとなっており、PCR検査費用に関しては、実質無料となります。診察料、PCR以外の検査費用については、従来通りの自己負担(3割負担で5~6千円程度)が必要となります。
新型コロナウイルス感染症では、自覚症状が軽いものの、肺炎や低酸素状態となっている方が少なくないこと、入院必要性や重症化の判断材料が必要となりますため、スクリーニング採血、酸素飽和度測定、胸部X線(レントゲン)検査、インフルエンザ検査(必要に応じて)を行っております。PCRを複数回繰り返して陽性が判明した例が少なからず報告されていることから、初回のPCR検査が陰性でも、症状の経過や検査結果などから、新型コロナウイルス感染症が強く疑われ、必要と考えられる場合には、PCR検査を再度ご案内することがございます。


B) 
PCR検査が保険適用とならない場合(自費となる場合)
・自覚症状も濃厚接触歴もないけれど、現在、感染しているかどうか調べたい場合
・新型コロナ感染を確認され、入院・ホテル滞在・自宅療養していたが、PCR陰性化したことを確認したい場合
・就労・就学上、あるいは、インドネシア・タイ・バングラデシュなどへの海外渡航などの目的で、陰性確認・証明が必要な場合

<PCR自費の場合の検査費用>
・唾液採取(簡易検査)PCR:27,000円(税込み)
・鼻咽頭ぬぐい液採取PCR:29,000円(税込み)
・PCR検査結果を含む診断書(日本語・英語):3,000円(税込み) 当院所定様式の場合
・PCR検査結果を含む診断書(日本語・英語):10,000円/枚(税込み) 決まった様式のある場合
・結果の郵送をご希望の場合:1,000円(税込み)

・PCR結果が陽性の場合のみ、結果判明日にお電話にて連絡致します。(保険での電話再診対応とさせていただきます。)
・PCR結果が陰性(検出せず)の場合、連絡は致しません。
・個人情報の問題から、お電話での問い合わせは、ご遠慮くださいますよう、よろしくお願いいたします。
・診断書の郵送をご希望の場合、受付にて、封筒にご自身でお名前をお書きいただきます。1,000円(税込み)


「鼻咽頭ぬぐい液採取」と「唾液採取(簡易検査)」の違い
「鼻咽頭ぬぐい液採取」:鼻の奥に細い棒を入れ、粘膜をぬぐって採取します。日本では、検体採取できるのは、医師・看護師・検査技師などの医療従事者に限られます。採取した検体を専用の保存液に院内で処理したものを検査機関に委託します。検体採取時に苦痛を伴うほか、くしゃみ・せきが出ることがあり、飛沫・エアロゾルが発生し、検体採取者(医師・看護師・検査技師などの医療従事者)への感染リスクを伴います。採取時には、マスク、ガウンなどの感染防護対策が必要となります。そのかわりに、現時点では、もっとも精度が高い検査方法です。発症前(症状出現前)でも陽性になることが判明しており、令和2年6月時点では、濃厚接触が確認されている無症状の方にも保険適用となっています。
「唾液採取(簡易検査)」:ご自身で容器に唾液を2~3mLほど入れていただき、キャップをしていただきます。感染リスクが低くなるほか、検体採取には医療従事者が必ずしも必要でなくなります。そのかわりに、感度(精度)が低下してしまいます。適切な条件で採取された場合でも、発症から9日以内で10%~20%、10日以降では30~60%程度の感度低下が指摘されており(https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000635988.pdf)、令和2年6月時点では保険適用は発症から9日以内に限定され、濃厚接触者でも無症状の場合には鼻咽頭ぬぐい液採取のみが保険適用となっています。うがい、歯磨き、飲食により、感度がさらに低下することが知られており、唾液採取の場合には、少なくとも1~2時間ほどは、うがい、歯磨き、飲食を避ける必要があります。
検体採取者(医師・看護師・検査技師などの医療従事者)への感染リスク、検査の簡便さ(検体採取には医療従事者が必ずしも必要でない)から、国によっては空港での検査にも採用されるようになりました。数千人、数万人単位のPCR検査が必要となる場合には、空港などの検査機関側としては唾液検査もやむを得ないと思われますが、現地・現場で発症、あるいは、相手に感染させると大問題となるような海外渡航やビジネスの際には、より感度(精度)の高い方法が求められるかと思います。そのため、就労、あるいは、海外渡航などの目的で、陰性確認・証明が必要な場合には、「唾液採取(簡易検査)」よりも「鼻咽頭ぬぐい液採取」をお勧めします。


C)
抗体検査:
<抗体検査自費の場合> 6,600円(税込み)
3~5日後に検査結果を郵送させていただきます。受付にて、封筒に住所・お名前などの記入をお願いします。
・ロシュ社試薬による検査となります。
・研究試薬のため、保険外診療(自費診療)となります。
・データは、個人が特定されない形で、学会・論文発表、行政利用される場合がございます。
・基本的には、過去の感染歴を調べる方法であり、症状のない方が対象となります。
・抗体陽性の場合、無症状の場合には、原則、PCRは保険適用となりません(東京都、保健所などに確認済み)が、現在の症状などにより、医師が必要と判断した場合、保険でのPCR対象となる場合がございます。外来にて相談を承ります。

当院では、「帰国者・接触者外来と同様の機能を有する医療機関」として、5月の東京都からの委託時より、鼻咽頭ぬぐい液採取によるPCR検査を行っておりますが、6月2日に保険適用となったことから、6月3日からは唾液採取によるPCRも対応しております。ただし、唾液採取PCR(簡易検査)は感度が低下することから、保険適用の場合は原則的には鼻咽頭ぬぐい液採取としております。どうしても、鼻咽頭ぬぐい液採取が困難な場合は、唾液採取にも対応可能です。抗原検査も対応可能な医療機関ではありますが、感度がやや低下することから、抗原検査は導入せず、PCRのみ行っております。(海外渡航時には、抗原検査ではなく、PCR検査の結果を求められています。)




37.5度以上
4日以上(2日以上)
流行地域への渡航歴
というような基準は撤廃されています。

緊急事態宣言・東京アラート解除もあり、
症状のある場合にどうすればよいかわからない、
どこに受診すればよいかわからない
という話を伺い、お知らせ欄にてPCR検査や抗体検査が可能となっていることを告知させていただくこととしました。

当クリニックは、1月24日の新型コロナ感染症国内症例確認後も、
症状のある方とない方とで待合室や診察室を分離する形で、
咳や熱のために通院先の病院などで診療を遠慮してくださいと案内された方々や保健所からの紹介を含め、
感染防御対策をとった上で診療させていただいておりました。

当院の診療体制、感染防御体制などから、東京都より「帰国者・接触者外来と同様の機能を有する医療機関」と認定され、
5月より、平日夜や土日も含めて、必要と判断される場合には、当院にてPCR検査(保険適用)も行っております。
(当院にて採取し、外部委託機関にてPCR検査となりますため、結果まで1~3日ほどかかります。)

「帰国者・接触者外来と同様の機能を有する医療機関」とは・・・
・疑い例が新型コロナウイルス感染症以外の疾患の患者と接触しないよう、可能な限り動線を分ける(少なくとも診察室は分けることが望ましい)こと
・必要な検査体制を確保すること
・医療従事者の十分な感染対策を行うなどの適切な感染対策が講じられていること
というような適切な感染対策がとられていると認定された医療機関のことです。

症状のある方とない方とで、待合室、診察室などを分離した上、
マスク、手洗い、アルコール消毒などの基本的な感染対策に加え、
令和元年12月の開院時より、診察室や待合室などにHEPAフィルター、紫外線、次亜機能水などを利用した空気清浄機を設置・稼働しておりますが、症状の有無にかかわらず、原則として、マスク着用の上、受診のほど、よろしくお願いいたします。

目黒の大鳥神社前クリニック

住所

〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-21-23 4階

診療科目

消化器内科・内科・放射線科

TEL

03-3779-7736

アクセス

目黒駅より徒歩8分
JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線
東急バス「大鳥神社前」バス停1分